スコットぺリーの英会話教材リスニングパワー

  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法
  • お問い合わせ
上達の秘訣
「英語と日本語の周波数の違い」に着目した英語教材
リスニングパワーは、「英語と日本語の周波数の違い」に着目した英語耳と発音力を鍛えるための英語教材です。

人間は、生まれてから3才くらいまでは全ての音を聞き取ることができ、4才を過ぎてからもまだ全ての音を聞き分けることができますが、言語に敏感な4才から11才までの間に育った環境で言語への適応能力が決まってしまうと言われています。

たとえば、12才まで日本語だけの環境で育った場合、英語への適応能力が低いため英語を聞き取ることが難しくなります。そのため12才を過ぎてしまってからは、英語をいくら聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。

環境が特定の言語聴解力を決める

日本語の周波数は、英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。

その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがないのです。

ヨーロッパ人など他の民族に比べて日本人が英語に弱い理由は日本語の周波数にあったのです。

英語と日本語の周波数の違い

つまり、日本人が英語を聞き取れない理由は「英語と日本語の周波数の違い」にあるのです。

そこで、リスニングパワーは日本人が苦手とする英語の周波数を聞き取れる英語耳にすることで、ヒアリング力が向上します。ヒアリング力が向上すると、英語の正しい発音を聞き取る事ができるため自然と発音力も向上していきます。

今すぐ購入する
今すぐ視聴する
日本人が英語を聞き取れるようになるための英語の周波数を解明

リスニングパワーは、ただの聞き流しの英会話教材ではなく、日本人が英語を聞き取れるようになり、発音を良くするために開発した教材です。

サウンドエンジニアや科学者の力を借りて独自の周波数解析ソフトを開発し、周波数解析ソフトを使いながら、日本人が英語を聞き取れるようになるための英語の周波数を計算しながら、リスニングパワーを開発しました。

ヘッドフォンやイヤフォンを使って、リスニングパワーを聞いていただければ、リスニングパワーの音声の質の凄さを体感していただけます。

たとえば、左の耳からスコット先生が発音する英語の音が脳に響くように感じたと思ったら、今度は、右の耳からアメリカ人女性が発音する英語の音が交互に入ってきたり、バックグラウンドの音には、様々な周波数の音が聞こえたりします。

今すぐ購入する
今すぐ視聴する

Warning: include(../inc_rightnavi.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/s/listeningpower/web/listeningpower-official.com/infotop/reason/index.php on line 142

Warning: include(../inc_rightnavi.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/sites/heteml/users/l/i/s/listeningpower/web/listeningpower-official.com/infotop/reason/index.php on line 142

Warning: include(): Failed opening '../inc_rightnavi.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.4/pear:/usr/local/php5.4/lib/php:/usr/local/lang/php/5.4/pear:/usr/local/lib/php') in /home/sites/heteml/users/l/i/s/listeningpower/web/listeningpower-official.com/infotop/reason/index.php on line 142
PAGETOP